ホーム > イーベイ・フォー・ビジネス ブログ > 昨年度のビジネスから学ぶべき19のこと

EBAY FOR BUSINESS BLOG

イーベイ・フォー・ビジネス ブログ 日本セラーの皆さまへ有益な情報をお届けします

昨年度のビジネスから学ぶべき19のこと

 

新しい年が始まり、私たちの多くは将来の展望を描き、誓いを立て、来たる数か月の計画を立てるのに忙しくなっています。しかし、昨年を振り返って反省し、成功と課題を評価し、成功と失敗から学ぶ時間もあってしかるべきでしょう。

定期的にそのような思索にふけることは有益ではありますが、いつでもできるわけではないのも事実です。

あなたがまだ自分の事業の包括的なレビューを行っていないならば、新年の始まり以上にそれを行うのに適した時期はありません。ここでは、振り返って反省してみるべき項目、自分自身に問うべき質問、そこから何を学べるのかについて取り上げます。


全体的な売り上げ
  • 今年の売上は昨年と比べてどうでしょうか?売り上げが増えたか減ったかは分かっているかもしれませんが、売り上げた商品の数とその数が売り上げにどのように影響しているかを検討することも有益です。

    出品数を増やしたことが売り上げの向上につながったでしょうか?つながらなかったとして、その理由は何でしょうか?

  • 一年を通じて売り上げのピークや低迷期はありましたか?何がそのような変動に影響したでしょうか、そして次年度はどのように変動に対処できるでしょうか?

  • 母の日や父の日のように、売り上げが増えた機会はあったでしょうか?そうであれば、バイヤーが買い物をすることが分かっているそれら時機をとらえるべく戦略を立てることができます。

売り上げ全体を-とりわけいつ売り上げが上がったのかを-振り返ることは次年度の売り上げを予測する役に立ちます。

さらに、臨時雇用から調達すべき配送用品の量まで、あらゆることについて計画を立てることができるようになります。

収入と支出
  • 昨年と比べて、売り上げ点数は増えたが収益は減りましたか、あるいは売り上げ点数は減って収益は上がりましたか?利益を増やすためにより多くの商品を売る必要があるでしょうか、あるいは個々の商品からより多くの利益を上げることが可能でしょうか?

  • 収益を低下させてしまう予想外の事業上の出費があったでしょうか?来年は、同様の突発事をどのようにして避けることができるでしょうか?

  • 個々の売り上げからより多く収益が得られるうように何かできることはあるでしょうか?

  • 返品率はどうなっているでしょうか?返品費用を補てんするために価格を調整する必要はありますか?

以上のようなことを数字で知れば知るほど、事業を細かく調整して純利益を増大させることもできるようになります。

セラーハブのPerformanceタブで統計情報を確認し、中でもどれが最も重要な情報かについてはこの記事を読んでください。




在庫商品
  • どの商品で最も収益を上げましたか?その商品をさらに調達することはできますか?

  • どの商品が期待したほど早く売れていませんか?それらの商品を早く売るためのプロモーションを実施できますか?

  • 売れた可能性のある商品の在庫が不足しましたか?今後、商機をつかみ損ねないためにはどうすべきでしょうか?

    ヒント:セラーハブのGrowthタブが役に立ちます。また、eBay.comの「Products in Demand」ページをブックマークして定期的にチェックすることで、いまバイヤーが求めているものを把握することもできます。

  • あなたの在庫倉庫はうまく機能していますか?商品の在り処が分からなくなったり、スペース的な制約に苦労しましたか?


あなたの在庫は事業の屋台骨であり、適切な在庫商品 (そして適切な在庫の数量)がなければ、目標を達成することは難しくなります。

売り上げている品目、それらをどのように調達しているのか、どこに保管しているのかを厳しく吟味することは、収支決算に影響するような潜在的な問題を把握する役に立ちます。



バイヤーからのフィードバック
  • あなたはバイヤーからどのように評価をされていますか?似たような苦情をもらうことはありますか?もしあるなら、出品や販売ポリシーを改善して将来同様の苦情が発生することを防ぐために何かできることはありますか?

  • バイヤーがあなたの商品を返品する理由に何か共通するものはありますか?同様の理由による返品を防ぐために出品商品に変更を加えられる点はありますか?

バイヤーからのフィードバックは、最初は明らかでなかった問題を特定してくれます。あなたが一貫して同じようなフィードバック-良いものであれ悪いものであれ-をもらうならば、それはバイヤーの大多数が重視していることについてのメッセージだと考えましょう。


たとえば複数のバイヤーが壊れた商品を受け取ったならば、梱包方法を再検討する時期なのかもしれません。あるいは、複数のバイヤーが即日発送を気に入ってくれているなら、全ての出品商品でそのオプションを提供するべきなのかもしれません。

価格設定と競争
  • あなたの商品の価格は競合相手と比べてどうでしょうか?

  • 価格以外に、競合他社があなたよりも優れている点はありますか?eBay内のセラー、そして同じ商品を扱っているそれ以外小売業者に対するあなたの競争力を高めるために何か変更できる点はないでしょうか?

オンラインであれ実店舗であれ、バイヤーは商品を購入する際には数多くの選択肢があることを知っています。

競合他社が何をしているか-あるいは、なぜ特定の業者がバイヤーに最も選ばれるのか-を把握することは売り手にとって重要です。

事業運営
  • 臨時的な雇用をしましたか?それは上手くいきましたか?次回は違ったやり方をしようと思う点はありましたか?

    より多く人を雇うべきでしょうか、あるいはより少なくすべきでしょうか?繁忙期より早い時期に増員すべきでしょうか、あるいはもっと遅くすべきでしょうか?

  • 配送用品の在庫は十分ありましたか?作業場は適切な状態でしたか?作業場を改善し、効率を高めるためにどんな点を変更すべきでしょうか?

次年度も臨時雇用が必要だと思うのであれば、いますぐにカレンダーで次年度の雇用時期に印を付けて、新人のためのトレーニング・マニュアルを作って、素早く実践配備ができるようにしましょう。

eBayビジネスがあなたの自宅を占拠してしまっているなら、繁忙期でも事業が混乱せずに済むように専用の仕事場を確保することをすぐに検討しましょう。

マーケティング
  • ソーシャルメディアを使ってあなたのビジネスを宣伝しましたか?それは売り上げにどのように影響しましたか?労力に見合った売り上げの伸びはありましたか?

  • 成功したマーケティング努力と効果のなかったマーケティング努力から何を学ぶことができるでしょうか?

ソーシャルメディア は正しく使えば強力なツールとなりますし、使い方を間違えれば膨大な時間の無駄になってしまいます。

あなたがビジネスの宣伝に時間を費やすなら、時間は効果的に使い、労力に見合った利益が得られるようにしましょう。ソーシャルメディアへの投稿の中で最も人目を引いたものを確認して、それらに共通する要因、そしてどうすれば同じような結果を再現できるかを把握しましょう。

Facebook、Twitter、またはPinterestにビジネス用のページを持っているなら、どの投稿が最も人気があるか、そして何時ごろに投稿すべきか教えてくれる分析ツールを使うことができます。

 

今回のチェックリストではかなり多くの項目を扱いましたが、全てに一度に取り組む必要はありません。

ほんの1、2時間、昨年度を振り返るだけでも、あなたのビジネスについての有益な知見が得られ、次年度に向けた計画を立てる役に立つのです。

*本記事は2018年1月2日に「eBay Business Blog」に投稿された以下の記事を翻訳したものです。
  Your Year in Review: 19 Things to Learn from Last Year

タグ: