ホーム > イーベイ・フォー・ビジネス ブログ > ヘルプを見つけるための手引き パート1

EBAY FOR BUSINESS BLOG

イーベイ・フォー・ビジネス ブログ 日本セラーの皆さまへ有益な情報をお届けします

ヘルプを見つけるための手引き パート1


「eBay
でのビジネスをするにあたって、手助けとなる人を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?」

イーベイ・フォー・ビジネスのFacebookページイーベイ・コミュニティボードなどで一番よく聞かれる質問がこれです。ではその答えは?それは目的によって違ってきます。短期的な問題に対する助けを求めているのか、それとも拡大中の自分のビジネスに対し、継続的にアドバイスをくれる人を探しているのか。この2部構成のブログシリーズでは、そのような2つの異なったシチュエーションにおけるヘルプ(手助けしてくれる人やなんらかの解決策)の探し方について解説していきます。

短期間で解決できるようなeBay関連の仕事に対するヘルプを見つけるにはどうしたらいいのか。

一人でeBayを運営していて、これからもその体制を保ち続けていきたいと考えている場合は、諸経費を抑え、正社員を雇うために支払わなければいけないコストを回避しましょう。

  • 出品: もしあなたがSue Puffeさんのように、「自宅の中が商品の山で、自分の出品にどうしても集中したい」という場合は、友人のヘルプを借りて仕事を進ませるのもいいでしょう。友人には在庫商品がどこからどこにいくのかや、どれぐらいの売り上げがあるのかなどを教える必要はありません(将来的な競争相手の出現を防ぎたい場合)。スプレッドシートに製品詳細 (Product Details)を記入してもらうなど、友人の事業への関りを制限し、簡単な仕事をしてもらうだけにするのがいいでしょう。友人と一緒だと楽しくなることだってあります。

  • 写真: 写真を撮るのが得意でない場合は、地元の美術学校や大学のキャリアセンターを訪ねてみましょう。そのような学校では写真を勉強し、単位取得のために社会での経験を積みたいと思っている生徒が見つかることがあります。さらに、彼らから斬新なアイディアをもらえたり、新しい写真の技術を学ぶことだってできるかもしれません。イーベイでアパレル関連のビジネスをしている場合も同じように、ファッションスクールを当たってみてください。自慢の商品をさらに輝かせてくれるモデルが見つかるかもしれません。

  • ソーシャルメディア: ソーシャルメディアの仕組みや働きについて勉強する時間がない場合は、ソーシャルメディアに入れ込んでいて、深い知識を持っている十代の若者を雇ってみるのもよいでしょう。ひょっとすると身内にいい候補がいるかもしれません。例えば今この瞬間に冷蔵庫をあさっている家族のあの人もいいかもしれません。そういう家族がいない場合は、デジタルマーケティングの知識を実践したいと思っている地元の大学生をインターンとして雇ってみるのもいいかもしれません。

  • 梱包: 成約した商品の梱包をしてくれる人を探している場合は、Tom K.さんがやったようにFacebookでターゲット広告を出すのがいいでしょう。彼の場合、125ドルを支払うだけで年齢や学歴、経験でフィルターをかけることができ、25,000人の候補者に広告を見せることができました。そのようなお金をかけたくないという場合は、Craigslist や地元の新聞などで無料の広告を出すこともできます。

  • 配送: もう一度言いますが、商品を郵便局まで喜んで持って行ってくれる人が身内にもいるかもしれません。十代の若者はいつも自分の街の中をドライブする機会を探っているものです。他にも定年退職した両親がいる場合は、週に何度かランチをおごってあげて、出荷を手伝ってもらうという手もあります。これはどちらにとってもいいことなのです。こういうことができないという場合は、配送業者に受け取りに来てもらいましょう。

 

他の選択肢が欲しいという方へ

  • パートナーや配偶者にお願いしてみましょう。 結婚相手が手伝ってくれるかもしれません。あなたの配偶者やパートナーが今までeBayでのビジネスにあまり興味がなかったからといって、この先もずっとそのままとは限りません。The License Plate GalMobile BarbaraAmy Fさんなどは現在も夫婦チームで出品中で、ビジネスに成功している好例です。

  • フリーランサーやバーチャルアシスタントを活用してみましょう。 eBayセラーである、iBuyzのDan R.さんによると、バーチャルアシスタントの雇用は今、eBay関連のFacebookページで話題になっているトピックなのだそうです。それもそうかもしれません。ティム・フェリスの『「週4時間」だけ働く』という本を読んだことがある方は、「ビジネスオーナーの重荷になるのは、主にやりたくないことだと」いう話を覚えていらっしゃるかもしれません。ある人にとっては調達業務は好きだけど、出品作業はそうではないかもしれません。そこで力になってくれるのがフリーランサーやバーチャルアシスタントなのです。



  • 人を雇用しましょう。フリーランサーやバーチャルアシスタントを雇えば、ソーシャルメディアチャンネルの立ち上げをしてもらったり、会計やビジネスロゴの作成、IT関連の疑問解決、カスタマーサービスの管理などを手伝ってもらえるかもしれません(上記のより安い手段が使えない場合)。ぜひバーチャルアシスタント企業をチェックしてみましょう。

  • eBay以外の仕事をやってくれる人を雇うのもいいでしょう。 他の誰かに自分の商品を撮影、出品、配送してもらうという考えが受け入れられない方には他の方法もあります。eBayには関係ないが、多くの時間を費やさなければならないような仕事をヘルプしてくれる人を雇ってみましょう。 隔週で家を掃除してくれる人や、犬の散歩をしてくれる人、食糧を買って来てもらう人を探すことだってできるのです。 これでお分かりいただけたでしょう。



「短期的なヘルプを雇っても自分の利益が少なくなるだけだ」と思う方もいるかもしれません。 そうかもしれませんが、出品する時間がなければそもそも売上を上げることもできないのです。また、日常業務でのヘルプも時には必要です。そうすることで、やりたいことにより集中することができるのです。

この記事をご覧になっている方の中でも、他の上手な方法で、eBay関連業務での短期的なヘルプを見つけることができた方がいらっしゃることでしょう。パート2では長期的な問題へのヘルプの見つけ方について考えていきます。自分のビジネスを次のステップに成長させたい方には必見です。


*本記事は2017年3月14日に「eBay For Business Blog」に投稿された以下の記事を翻訳したものです。
The Long and Short of Finding Help: Part One

カテゴリー :

タグ: