ホーム > イーベイ・フォー・ビジネス ブログ > 顧客獲得施策:Google AdWordsの始め方

EBAY FOR BUSINESS BLOG

イーベイ・フォー・ビジネス ブログ 日本セラーの皆さまへ有益な情報をお届けします

顧客獲得施策:Google AdWordsの始め方

例えば、とある場所に路面店を出店したとしましょう。取り扱う商品は、緑色をした謎の装置です。「あなたはお店のオーナーとして、膨大な時間を掛けて仕入先と販売商品を研究し、謎の装置のディスプレイにも気を配りました。ですが「緑色をした謎の装置を販売する専門店」といった看板を掛け忘れ、開店前に窓に張ったっきりの紙をはがし忘れ、店内が道行く人の目に触れないままにしてしまいました。何が言いたいかというと、まったく宣伝をしていないのです。

道行く人は、店が営業中であるとどうやって気づくのでしょうか。緑色をした謎の装置を扱わせたらあなたの右に出る者はいないと、通行人にどうやって知ってもらったら良いのでしょう。この例の場合、道行く人を惹きつけるには、魅力的な看板を出して宣伝をすることが最低限条件となるでしょう。看板も出さずに店を始めるなんて、まず考えられませんよね。

さて、今までの話がGoogle AdWords(グーグル・アドワーズ)とどう関係するのでしょうか。それはこういうことです。オンライン小売業者にとって、クリック課金型広告(PPC)や有料検索型広告を出すことは、旧来型の店舗のショーウィンドウから紙を引き剥がし、看板を高々と掲げるのと同じ効果があるのです。ただし、効果は圧倒的に上です。というのは、緑色をした謎の装置に興味を持っている人のみを対象に広告を打っているからです。

恐らく、電子商取引でのオンライン広告の重要性に気づいていると思いますが、どこから手を付けたらいいのか判断しかねているとしましょう。そんなあなたをお手伝いするために、今回、導入ガイドをまとめてみました。特にGoogle AdWordsに的を絞って始めるための4つのヒントをご紹介します。「なぜYahoo(ヤフー)やBing(ビング)ではないのか?」とお思いかもしれません。答えは簡単です。Googleが世界のサーチエンジン市場で71%のシェアを占めているからです。

 

Google AdWordsの始め方

まずAdWords(アドワーズ)のアカウントを作成してください。アカウント完了したら、以下のステップをたどりながら進んで行きましょう。

 

STEP1:キーワードを決める

あなたの販売商品は何ですか?ハイキングウェアですか?ヴィンテージカメラですか?あなたがeBayストアで販売している商品について、誰かが検索をした時に、使われていそうな言葉をリストにしてみましょう。それらがAdWordsで宣伝をする際に使うキーワード候補となります。キーワードを探すには、Google AdWordsキーワードプランナーUberSuggestWordTrackerといった便利なツールもありますのでご活用ください。

最初は気持ち的にとても一般的なキーワードを使ってみたくなるかも知れません。ブランド名や一般名称といったものです。ですが、そういった言葉は既に多くの競争相手が入札しています。つまり、クリック単価(CPC:ユーザーが広告をクリックすると課金される金額)が跳ね上がる可能性が高くなります。入札(bid)キーワードは、いわゆる「ロングテール・キーワード」と呼ばれるものに注目し、検索する人の購買意欲が表れている言葉を選ぶことを目指しましょう。

  • Best hiking boots(一番良いハイキングブーツ)
  • Vintage camera lenses Nikon*(Nikonのヴィンテージカメラ用レンズ*)
  • Nike shoes size 9 blue(Nikeのシューズでサイズ9青)
  • Affordable True Religion jeans(手頃な価格のトゥルー・レリジョンのジーンズ)
  • Wholesale diamond jewelry(ダイヤモンド宝飾品卸売)

「Nikonのレンズ」や「トゥルー・レリジョンのジーンズ」といったキーワードで検索している人は、まだ情報収集の段階にある可能性が高いのです。「購入」や「一番良い」といったキーワードを使っている人は、セールスのサイクルの中で、検討段階から購入段階へと移ったと考えることができます。

 

STEP2:広告を作成する

PPC(成果報酬型広告)では、テキスト広告が一般的です。つまりデザイナーを雇ったり、二足のわらじを履いて、アートディレクターになったりしなくて良いのです (もう何足もわらじを履きすぎていますしね)。広告の各構成部分については広告のガイドラインに従いさえすれば良いのです。

  • タイトル(Headline)(25文字):
    人を惹き付けるのはこの部分がとても重要です。注目されるように(しかし不快ではなく)しましょう。分かりやすくして、キーワードもたくさん入れましょう。
     
  • 表示リンク(Display Link)(35文字):
    広告をクリックしたらどこに飛ぶのかをユーザーに伝えます。Bayで販売しているのですから、顧客があなたのeBayストアに着地するように、リンクを貼ってください。広告をきれいにまとめ、煩雑にならぬよう、顧客が実際に目にするリンクは「ebay.com」まで短縮しておくのも良い考えでしょう。
     
  •  本文(Copy)(70文字):
    何を提示しているかに関するより多くの詳細を提供し、キャンペーンや割引などのお得情報をアピールします。「今すぐ購入」といったバイヤーに次の行動を促す言葉を入れておくのも忘れないようにしましょう。

 

STEP3:予算を設定する

さて、次は予算を組んで行きます。とても柔軟性がある広告ですので、購入するキーワードやどこに、どの時間帯に広告掲載するかによって予算を決定することができます。詳しくはGoogleの「Set a budget for your campaign」ページをご覧いただき設定してみてください。使う金額はいつでも変更することが可能です。いくらから始めたら良いのか分からない場合は、Googleが日時予算をお知らせしてくれます。

 

STEP4:何度もテストする

キーワードを設定して、あとは全てシステムにお任せしてしまうと楽ですが、このやり方は全くもってお勧めできません。あなたの商売に合わせてGoogle AdWordsをうまく使いこなすには、結果を確認し分析し、頻繁にテストする必要があります。どのキーワードが他より有効だったのかに注意しておき、違う組み合わせも試してみましょう。キーワード違う広告を出してテストできる、Google AdWordsの実験機能を使うことだってできます。

「eBayの出品キーワードとオーガニック検索を使っておけば、顧客をストアに呼び込むには十分なのではないですか」と聞きたくなるかも知れませんね。確かにひとつの出発点ではありますが、電子商取引の世界では、業界の巨人と張り合って行かなければならないのです。業界で優位に立ちビジネスを成長させるためには、マーケティング手法で使えるもの全てを使わなければなりません。その上で、Google AdWordsはすぐに結果を出すのに最適な手法のひとつなのです。

 

PPCを始めるのにまだ躊躇しているかたは「5 Incredibly Practical Reasons To Do PPC In 2015」記事も参考にしてみてください。

*広告でブランド名を引用する場合は、Google Adwordsの商標ポリシーに従うようにしてください。

 

イーベイを通じて、海外販売を成功させたいセラーの皆様に、有益な情報を定期的にお届けします。
本記事は2015年2月27日に「eBay For Business Blog」に投稿された記事です。

Fuzzy, Green Widgets and How to Get Started with Google AdWords  

 オリジナルリンク:Fuzzy, Green Widgets and How to Get Started with Google AdWords

 

 

タグ: