ホーム > イーベイ・フォー・ビジネス ブログ > ピンタレスト活用TIPS:パート3

EBAY FOR BUSINESS BLOG

イーベイ・フォー・ビジネス ブログ 日本セラーの皆さまへ有益な情報をお届けします

ピンタレスト活用TIPS:パート3

すでにパート1パート2でPinterest(ピンタレスト)の基本的な使い方を理解され、eBay のPinterest の使い方完全ガイドを一読し専門家的な知識をお持ちかもしれませんが、ここでは「よくあるな落とし穴」の一例をご紹介します。ここでご紹介する大半のヒントはあらゆるソーシャルメディアのチャンネルに当てはまりますので、Facebook やTwitter をご利用の場合にもぜひご活用ください。

1. フィード(投稿)を必要以上に送信しないこと

商品の過度な告知を避け、スパムになるのを避けましょう。ピン(Pin)の内容と投稿タイミングに変化をつけましょう。

2. 商品画像だけに終始しないこと

これは何度指摘してもいい過ぎることはありません。消費者は興味関心の刺激を求めてPinterestにアクセスしますので、eBay Store用に白地の背景を維持し、商品の掲載画像スペースを確保しましょう。少なくとも、Pinの50% は訪問者の心を打つような内容に割くことが必須ですが、80%程度だとなお良いでしょう。商品イメージをPinする際、実際どのように表示されるかを確認しましょう。以下は一部事例です:

商品画像だけに終始しないこと

商品画像だけに終始しないこと

商品画像だけに終始しないこと

商品画像だけに終始しないこと

3. 雑然としたBoard で閲覧者を混乱させないこと

ガーデニングをテーマにしたBoard(ボード)を作成する場合、同じBoard に流行のハンドバッグのイメージをPin しないようにしましょう。こうしたイメージは、別途ファッションをテーマにしたBoard にPin すべきです。

4. 低画質のイメージを共有しないこと

Pin の最重要要素の1つがサイズです。少なくとも幅が600ピクセル以上の画像を使用しましょう。理想のサイズは800 x 1100 ピクセルです。PicMonkeyおよびPixlrは無料で利用可能な優れたオンライン写真編集ツールです。

5. 画像のキャプションを忘れずに付けること

キャプションPin に文脈をつけストーリーをつくることができますし、同時に自身のPin がサーチエンジンに表示される頻度を増やしてくれる働きもします。

6. 他人のイメージを横取りしないこと

自身の商品ページではない、ブログや他のサイトからイメージをPin する場合、必ずソースのリンク元を表示しましょう。一報で、自身のPin は全て、必ずご自分の商品にバックリンクさせてください。Pinterest でのリンキングの詳細はここからご確認ください

7. プロフィールを必ず埋めること

Pinterest のプロフィールは自身のブランドを反映すべくカスタマイズ可能だけにとどまらず、同時に最適化も可能です。例えば、eBay Store のURL を掲載することで、自身のサイトへのトラフィック増加に効果的です。ここからプロフィールの最適化に関する優れたヒントをご確認ください。

8. 閲覧者を意識すること

コメントはPinterest では一般的な結びつきをもたらすものではありませんが、必ず自身のアカウントに関連する全ての活動をモニターしましょう。大切な顧客を獲得する機会を見失うことになりかねません。

9. 即効性は期待しないこと

どんなソーシャルメディアにも言えることですが、ビジネス目的でのPinterest アカウントを開いて結果が出るまでには多少なりとも時間が掛かるものです。

10.継続的な学習の実践

定期的に、Pinterest Analytics を活用し、どういった内容に顧客が反応するのか洞察を得るようにしましょう。このことですが、在庫計画やマーチャンダイジングの意思決定を周知してくれる、最もRepin された内容を確認すれば容易に把握可能です。

 

以上のルールを実践し、他人の興味や関心の喚起を模索してこれまで以上にeBay 出品を成功させられる方法をPin しましょう!

 

イーベイを通じて、海外販売を成功させたいセラーの皆様に、有益な情報を定期的にお届けします。
本記事は2014年9月25日に「eBay For Business Blog」に投稿された記事です。

  Pinterest for Business Part 3: Ten Common Pitfalls to Avoid

 オリジナルリンク:Pinterest for Business Part 3: Ten Common Pitfalls to Avoid


カテゴリー :

タグ: