ホーム > 法人のお客様へ > セラー成功事例 >

イーベイ・セラー成功事例:大網株式会社

成功事例 eBayと海外販売の“良い”関係

法人のお客様へ

イーベイ・セラー成功事例:大網株式会社

スタートアップ時の“敷居の低さ”と実績がeBayの魅力。

 

成功事例:大網株式会社

 

 

1906年の創業以来、100年以上の歩みを続けてきた大網株式会社。梱包資材の卸販売からスタートし、1970年代にはセールスプロモーション事業に軸足を移して“イベントでのノベルティ配布”という集客手法をいち早く手掛けました。その後1999年にネット通販事業を立ち上げ、キャラクター、ホビーのオンラインショップ「あみあみ」を開設。2010年からはeBayを活用した海外展開(越境ECのネットビジネス)に本腰を入れています。

 

海外からの販売リクエストに応え、本格的な海外展開を決意

 

当社は1999年に国内ECサイトを立ち上げたのですが、これはネットビジネスが今後ますます発展していくだろうと確信したからです。当時私はアメリカにいて、アニメやゲームを主体とする日本のカルチャーが世界から注目を集めるようになっていることを肌で感じていました。実はサイトのオープン時点で日本から海外へモノが売れないかと考えていたのですが、社内にはまだ海外販売(越境EC)を行うための環境が整っておらず、まずは国内でのネット通販から始めることにしたのです。

 

最初はアニメをベースとしたカードゲームを中心に販売していましたが、その後、精巧なフィギュアが大量生産されるようになると安価で質の良い商品を仕入れられるようになり人気を集めました。このような感じで周辺ジャンルを広げていき、国内での売り上げは順調に伸びていきました。

 

 

大網株式会社:販売部 金坂瑞樹部長

販売部 金坂瑞樹部長

 

 

同時に、海外へも販売してもらえないかというリクエストが徐々に増えてきたんです。先ほども言いましたように海外展開はいつかやりたいと考えていたので、ニーズがあるならと始めることにしました。

 

eBayは敷居の低さと世界規模の実績が大きな魅力

 

 

大網株式会社:販売部 金坂瑞樹部長

 

 

eBayをはじめたのは2010年。海外展開(海外へのネットビジネス)にあたっては他社のサービスと比較検討しながらどこが適切なのかを決めました。どこも設定は非常に複雑で手間のかかるものばかりだったのですが、その中でeBayはわかりやすく、初めてでも敷居が低かったですね。もちろん世界規模の実績が魅力的だったということもあります。

 

ただ、どういう商品をどのように売っていったらいいのかという不安は常にあり、当社ではまず市場調査の意味合いも兼ねてスモールスタートを切りました。

 

この不安を解消できたのはレポート機能ですね。海外のバイヤーの動向を知りたいと考えていた私たちの思惑に合致してとても重宝しました。今でもよく活用しており、例えばあるカテゴリで、閲覧数は高いのに落札まで至らない商品が多いということが分かれば、出品する商品のタイプを変えてみるという手を打っています。

他にも、バイヤーが購入したりチェックした商品と同じカテゴリの商品は並べて表示されるので、まるで店舗内を見て回っているかのような気分でショッピングを楽しんでいただけますよ。ページ内の回遊性が高くなりさらなる売上アップが期待できるので、こうした機能はうれしいですね。

 

営業担当者のサポートも強い味方に

 

海外のネットビジネスでよく言われる“英語の壁”については、当社では先に留学経験のある日本人など英語のできるスタッフを採用しました。ただ、日本のセラー(出品者)向けのセラーポータルサイトにはFAQが日本語で掲載されているので、そこまで大きな問題ではないと思っています。

 

一番助かっているのは、eBayの営業担当の方が丁寧にサポートしてくれることですね。わからないことがあれば教えてくれるので、海外に向けてネットビジネスをするにはとても心強いですよ。

 

誠実な対応を続けることが売上向上につながる

 

 

大網株式会社:社内の様子

 

 

バイヤーに対しては、常に誠実でいるように心掛けています。例えば、商品によって可能ならば午前中に落札していただいたものをその日の午後に出荷することもあります。こうしたシッピングのスピード感を含めて、サービス面を評価していただけるとうれしいですね。

 

商品内容、サービス面を評価されてか、ありがたいことに出点数を増やせば増やすほど売り上げが上がっていっている状況が続いています。最初はeBayをどんな方向性でやるか模索していた時期がありましたが、この懸念は杞憂に終わりました。まさに“案ずるより産むが易し”です。売れ筋商品も日本で流行っているものと大差ないので、自社サイトで培った経験を生かして商品を選定し出品しています。

 

出品国を拡大することで、まだまだ売上拡大は見込める

 

eBayでの出店を始めてからずっと発送先はアメリカとヨーロッパが大半を占めていましたが、最近ではアジアのバイヤーが増えてきており、まだまだアプローチできていない層があるんだなと実感しています。お陰さまで海外販売(越境EC)は軌道に乗ったと言える状況だとは感じています。eBayの場合、一つのアカウントで各国のeBayサイトに出品できるため、今後は出品国を拡大してより多くの方に当社のことを知っていただき、さらなる売上拡大を目指していきたいです。

大網株式会社
http://www.ebay.com/usr/amiami_com
 

 > ページトップに戻る


 

 

サイトマップ資料請求eBay ロゴの利用

ページトップ