ホーム > 法人のお客様へ > セラー成功事例 >

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス

成功事例 eBayと海外販売の“良い”関係

法人のお客様へ

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス

バイヤーからの信頼を高めることが、売上拡大につながる。

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス

 

中古携帯端末の買い取り、販売をワールドワイドに展開する株式会社ウルス。2008年には中古携帯電話の専門店として「携帯少年」を立ち上げ、国内での携帯電話の宅配買取サービスを展開。また、海外での携帯端末の需要の増加とともに、eBayを利用して新たなニーズの発掘と販売網の拡大にも成功。今後は海外に支店を置くことも視野に入れています。

 

 

海外における携帯のニーズの高まりを受けて事業をスタート

株式会社ウルスは2007年に創業し、中古の携帯電話をはじめとした端末や周辺アクセサリーの買い取り販売を行っています。そもそもは当社代表が海外で別の事業として展開していたとき、インドネシアなどで日本の携帯電話がたくさん使われている状況を目にしたことが創業のきっかけです。“海外で日本の携帯電話のシェアはもっと伸びる”。そんな手応えを感じて、今の事業を立ち上げたのです。

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス モバイル事業部 湯澤直紀氏

モバイル事業部 湯澤直紀氏

 

 

越境ECに取り組むならeBayとやっていきたい

創業からしばらくは国内展開がメインでしたが、そのうちに海外のバイヤーからお問い合わせをいただく機会も増えていきました。しばらくは個別で取り引きをしていたものの、それでは追いつかないようになり、いよいよ2012年10月にeBayを活用して海外販売(越境EC)をスタートしました。

eBayを利用した理由はふたつあり、ひとつは海外において抜群の知名度があることで、もうひとつは言語的なハードルを感じない使い勝手の良さがあったことです。特に後者は、どうしても海外とのコミュニケーションが発生するので語学力が必要なんじゃないかと不安になる方もいるかと思いますが、eBayの日本語ポータルサイトのFAQなども参考になりますし、自動翻訳サービスもありますからね。これらを有効活用することで、言語の問題はクリアできますよ。私自身、出店する前にバイヤーとしても利用していましたが、使い勝手に関する不安を感じたことはありませんでした。

 

 

アフターサービスを手厚くすることで顧客満足度が向上

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス 商品撮影の風景

 

eBayを利用しはじめた当初は、どこのセラーも商品ラインナップがほぼ同じなので思ったほどの成果は得られず苦戦を強いられました。そこで着目したのがトップ・レイテッド・セラー制度(以下、TRS)。これはお客様からの評価が高いと星が付くというシステムで、優秀なセラーほど出品数を増やせるほか、販売手数料がディスカウントされる特典等が付きます。全く同じ商品、値段であれば、信頼度の高いセラーから買いたいと思うのはお客様の心理。星がついていないセラーより、ついているセラーから買いたくなるのは当たり前ですよね。

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス 商品梱包の風景

 

当社では信頼に直結するTRSを獲得するために、お客様に喜んでいただける付加価値をつけるようにしました。輸出入において運搬の際、水に濡れたり破損をしたり、発送トラブルが起きることがあります。特に私たちの取り扱い上品は精密機器です。そこでエアパッキンなどを使ってしっかり梱包をして、そういったトラブルを未然に防ぐ工夫を行いました。また、海外には日本に興味を持っている方が多いので、以前は包装紙に日本の新聞紙を利用するなど工夫も行っていました。「書かれている内容はわからないけど、漢字がクールだ」なんて感想もいただきましたよ。

また、携帯端末を販売で最も大切なのはサポート体制だと考えているので、保証期間の長さや購入後のお問い合わせへの対応といったアフターサービスにはとにかく注力しています。例えば、世界各地の電波状況を常にチェックしておいて、バイヤーから電波で不具合が生じたと連絡があったときには住所を聞いて周波数が合うようにAPN設定をサポートするなどのサービスも行っています。そうしたアフターサービスなどのおかげで、弊社へのポジティブ・フィードバックは99.1%と高い満足度をいただいています。

 

 

日本の製品に対する評価と信頼は今もなお高い

市場を世界に広げたことで新しい発見もありました。現在の日本ではAppleやサムスンなどの海外製品に人気が高いですが、海外ではソニーや富士通といった日本製の端末も信頼感や安心感があるといって人気が高いのです。またアニメやゲームの人気キャラクターとコラボした端末は海外で高値で取り引きされています。越境ECを展開する中で、国内外のニーズに違いが見えてきました。そのおかげで、たとえ日本で売れない商品を海外で流通させることができるようになるなど効率的に事業展開ができるようになってきています。

イーベイ・セラー成功事例:株式会社ウルス コラボモデル端末は海外でも人気が高い

コラボモデル端末は海外でも人気が高い

 

 

セラーとしての信頼を高めてさらに事業を広げたい

携帯端末は今後、多様化の道をどんどん進んでいくのではないかと当社は考えています。まだ国内では中古の携帯電話を購入するバイヤーは少ないですが、今後は国内外問わずにニーズが大きくなる業界でしょう。そんな業界で勝ち残るには、やはり信頼関係が大切。eBayはセラーの信頼性が一目でわかる仕様になっている分、本物のセラーでなければ勝ち残れないと思いますし、この制度のおかげで我々も気持ちを正してさらなる企業努力に取り組むことができると感じています。

今後は携帯端末の需要が増えそうな国へのサポート強化を進めたいと計画しています。基本的には送料無料、即日配送を心がけていますが、国によってはお届けするまでに1週間かかることもあります。ですから、今後は海外に支店を置くことも視野に入れたいですね。

株式会社ウルス
http://www.ebay.com/usr/mobileuls

 

> ページトップに戻る


 

 

 

new_banner

 

 

サイトマップ資料請求eBay ロゴの利用

ページトップ