商品ベースのショッピングエクスペリエンスプレイブック

eBayは2018年より、PBSE(Product-Based Shopping Experience:商品ベースのショッピングエクスペリエンス)に移行していきます。この新しい取り組みにより、バイヤー(購入者)は検索基準に合った商品を簡単に見つけて、購入したい商品を素早く決定することができます。 eBayが新しいエクスペリエンスに移行する理由については、セラーセンターをご覧ください。 セラー(出品者)と開発者は、従来のTrading APIまたは新しいRESTベースのInventory APIを使用してPBSEと統合することができます。

ショッピングエクスペリエンス

eBay社独自の価値と商品ラインナップを提供し、差別化されたショッピングエクスペリエンスを提供することでセラーの成功を確実にいたします。 そのためには、「リスト」よりも「商品」に重きを置く必要があります。

商品ベースのショッピングエクスペリエンスは、特定のバイヤー側のクエリに準じてバイヤーにデータが表示され、新しいエクスペリエンスの一部として特定の商品とカテゴリを直接マッチングします。 この場合、リストは商品カードの下に統合され、eBayカタログにマッピングされている場合にのみ含まれます。 これらの商品カードは、特定の商品のリストがある場合、閲覧できるようにバイヤーを商品ページへ繋げます。

eBayの検索結果ページ(アメリカ、イギリス、カナダ(英語圏)、オーストラリア及びドイツのサイトで現在利用可能)に表示されるGroup Similar Listingを選択すると、商品ベースのショッピングの初期バージョンを見る事ができます。 商品情報には一貫性があり、eBayカタログから参照されますが、セラーのリスト情報に関してはSee Detailsをクリックすることでご覧いただけます。

商品ベースの検索結果ページネストサーモスタットの商品ページの例は以下の通りです。

図1:商品ベースのリストを含む検索結果ページ

ユーザーがこれらの商品カードのいずれかを選択すると、その特定の商品はeBay商品ページに以下のようにに表示されます。

Nest Thermostat Product Page

図2:ネストサーモスタットのeBay商品ページ

eBayは、2018年中に、このエクスペリエンスの新しいバージョンをアメリカ、イギリス、カナダ(英語圏)、オーストラリアおよびドイツのサイトで公開していきます。下記に説明があるように、新規セラーの要件との調整で、一部の検索結果ではこのエクスペリエンスがディフォルトとなります。

商品ベースの出品: 概要

商品ベースのショッピングエクスペリエンス(PBSE)では、eBayカタログの商品とリストを関連付ける必要があります。 新しいリストを作成する、またはカタログ商品を使用して既存のリストを変更するには、eBayカタログで商品の固有の識別子(eBayプロダクトIDまたはePID)を選択する必要があります。

PBSEは、2018年にアメリカ、イギリス、カナダ(英語圏)、オーストラリア及びドイツのサイトに2つフェーズに分けて公開する予定です。上記のショッピングエクスペリエンスは、セラーエクスペリエンスの実施後に各フェーズのブランドとカテゴリに対してリリースされます。 このプレイブックでは、PBSEの第1フェーズと第2フェーズの両方の新機能と推奨されるワークフローを開発者に紹介いたします。

PBSE 第1フェーズ

  • 特定のカテゴリ内の第1フェーズ商品ラインは、2018年5月からeBayカタログ商品カテゴリと関連付けを必要とします。
  • 第1フェーズの影響を受ける商品は、eBayカタログ内で手動で収集整理されており、商品の詳細がすべて正確であることが保証されています。
  • セラーは、eBayカタログを検索し、単一バリエーションのリストをeBayプロダクトID(ePID)を使ってリスト又は改訂する必要があります。 UPC、EANまたはISBN等の国際取引商品番号(GTIN)を使用した複数のバリエーションのリストはUPC、EAN、又はISBN等のGlobal Trade Identification Number (GTIN)を使ってリスト又は改訂する必要があります。
  • PBSE 要件は、すべての商品状態および出品形式に適用されます。
  • PBSE 第1フェーズをサポートするためにリリースされた新機能の概要を確認するには、商品ベースのショッピングエクスペリエンのランディングページの項目「New APIとUpdated API」フィードを参照してください。
  • PBSE要件とのインテグレーションの詳細については、REST APIを使用した第1フェーズの推奨ワークフローまたはTrading APIを使用した第1フェーズの推奨ワークフローのトピックを参照してください。

PBSE 第 2フェーズ

  • すべての第2フェーズ機能は、2018年8月中旬にセラーが使用できる状態になる予定であり、第2フェーズのカテゴリは2018年9月中旬からeBayカタログ内商品との関連付けが義務化されます。第2フェーズは、すべての第1フェーズのカテゴリを含むリーフカテゴリ全体に影響します。
  • eBayカタログにまだ登録されていない、又は更新が必要な商品があることは理解しておりますので、カタログ内の商品を追加および更新するために、APIとeBayサイトの両方にこの機能を実装します。
  • セラーは、自分の商品についてeBayカタログを検索する必要があります。商品が見つからない場合、セラーはeBayにeBayカタログに追加するよう依頼する必要があります。商品の詳細が間違っている、又は情報が不足している場合、セラーはeBayカタログの商品を更新するようにeBayに要求してください。
  • PBSE 要件は、すべての商品状態およびリスト形式に適用されます。
  • ebayカタログにて該当商品を見つけたり、商品の追加や修正後、複数のバリエーションリスト内の各バリエーションと単一のバリエーションリストの両方をリストまたは改訂する際に、ePIDを商品に関連付ける必要があります。
  • PBSE 第2フェーズをサポートするためにリリースされた、または今後数ヶ月の間にリリースされる予定の新機能の概要をご覧いただくためには、ショッピングエクスペリエンスランディングページのNew APIとUdated APIのフィードセクションを参照してください。
  • PBSE 要件との統合に関する詳細については、REST API を使用した第2フェーズの推奨ワークフローまたはTrading API を使用した第2フェーズの推奨ワークフローのトピックを参照してください。