eBay

海外への転売で稼ぐには?
海外転売のメリットとデメリット、始め方やコツを紹介

転売ビジネスで稼ぎたいと思っていても、国内はライバルが多いためになかなかうまくいかない場合もあります。その場合、国内で仕入れた商品を海外へ転売する方法に切り替えれば、ビジネスの幅を広げることが可能です。 この記事では、海外への転売を検討している人に向けて、海外転売の始め方やコツを解説します。海外へ転売するメリットやデメリットにも触れるので、ぜひ役立ててください。
海外への越境ECの販売を始めるなら「eBay 販売サポート」(無料)の手厚いサポートをぜひお役立てください!詳細はこちらから

海外転売とは?国内転売との違い

海外転売とは、日本国内で仕入れた商品を、海外に住んでいる相手に販売することです。国内転売とは異なり、英語力はもちろんのこと、販売先の国の状況、税金、為替などに関するさまざまな知識が必要となります。 海外向けの転売は国内向けの転売よりもマーケットが広いため、チャンスも格段に上がります。しっかり準備を整え、辛抱強く取り組めば、国内転売よりも効率的にたくさんの利益を得られる可能性も高いでしょう。

海外転売をするメリット

海外転売には国内転売にはない魅力があります。ここでは、海外転売をするメリットについて解説します。

海外転売なら消費税が免除される

国内転売では、消費税がかかりますが、海外へ商品を転売する場合は、消費税が免除となります。商品の売上に対する消費税がかからないだけでなく、商品を仕入れる際に支払った消費税は、後で還付を受けられます。国際電話や国際輸送など、商品を売るためにかかった経費に対する消費税も免除されます。消費税の還付を受ける場合は、申請を行う必要があります。

販売ルートを広げられる

海外向けに転売を行えば、世界中のすべての人が取引相手となるため、販売ルートが一気に広がります。とはいえ、国内向けの転売に比べると、海外向けの転売は、英語力が必要であるなどハードルが高いため、取り組んでいる人は少ないのが現状です。逆に言うとライバルが少ないため、季節や趣向も様々でいろいろな可能性が見い出せて商品も売れやすい傾向があります。

日本製の商品は売れやすい

日本製の商品は品質がよく、海外においても高く評価されているため、非常に人気が高く売れやすいという特徴があります。日本製の商品にこだわりを持ち、手に入れたいと考えている外国人も少なくありません。経済的に発展している国をターゲットにして出品すれば、少し高くても売れる可能性があります。

海外転売の注意点

配送料金が高い

海外へ商品を送る場合、配送料金が国内と比べると、かなり高くなります。商品の価格をつけるときは、配送料金についても考慮する必要があります。商品を発送してから到着するまでに時間がかかるため、注意が必要です。配送事故が起こることもあるため、安全な配送方法を選ぶことが重要です。

英語力が必要

海外向けに商品を出品するためには、英語など、日本語以外の言語でやり取りをする必要があります。出品時に商品の情報を登録するだけでなく、顧客ともやり取りも、基本的には、すべて英語で行うことになります。時間はかかりますが、さまざまな無料翻訳サービスがWeb上にはあるので、活用するとよいでしょう。

海外転売を始める方法

これから海外転売を始めようと考えている人に向けて、海外転売を始める5つの方法について解説します。

①海外で売れそうな商品をリサーチする

海外転売を行う際は、海外で人気のある、売れそうな商品をリサーチする必要があります。日本で売れやすい商品と、海外で売れやすい商品の傾向は異なります。トレンド品やマニアックな商品は狙い目で売れやすいので、人気や価格変動などを常にチェックしておくとよいでしょう。

②国内と海外の相場を調べる

海外転売を行う際は、国内と海外の相場の両方を調べ、本当に利益が出るのかを確認しましょう。転売で利益を出すためには、安く仕入れた商品をより高く売る必要があります。海外の相場は、国によって異なるため、ターゲットにする国ごとに、なるべく正確な相場を把握することが大切です。

③商品を安く仕入れる

海外向けに出品する商品は、できるだけ安く仕入れる努力を行いましょう。商品を扱う店舗によって、販売価格が異なります。仕入先の候補のおける商品の販売価格をすべて確認し、最安値で購入できる店舗を選ぶ必要があります。たくさん仕入れた場合、大きな差になるため、注意が必要です。

④販売サイトへ出品する

海外向けの商品を転売するためには、海外のユーザーが多く利用している販売サイトへ出品することをおすすめします。eBayなどの販売サイトに登録し、アカウントを作りましょう。アカウントの設定を済ませたら、出品を開始し、購入希望者が現れたら、転売の手続きを進めます。

⑤売上を受け取る

海外転売した商品の売上は、販売サイトから受け取ります。受け取りの方法は利用する販売サイトによって異なるため、あらかじめ確認しておくと安心です。販売サイトの中には、売上を受け取るために、決済サービスを利用している場合があります。あらかじめ決済サービスのアカウントを取得しておくことをおすすめします。

海外転売するならどこの国がいいのか?

アメリカ

アメリカは、海外からさまざまな商品を取り寄せて利用するユーザーが多い国です。販売サイトを利用するユーザー数が多いため、アメリカに向けて商品を転売すれば、大きな売上が期待できます。海外転売がスムーズに行える「eBay」を利用して出品すれば、効率的な売上向上を目指せます。

中国

中国は、人口が多い上に、品質の高い日本製品を好む人が多いため、海外転売を行いやすいです。富裕層は、高額でも質の高い製品を好む傾向があるため、日本製品が売れやすいです。中国向けに出品するためには、中国のECモールへ登録する必要があり、難易度が少し高いです。

東南アジア

東南アジアでは、近年インターネットの普及が進んでおり、日本からの転売先として期待が高まっています。東南アジアには、さまざまな国があり、国によって日本製品の人気や売れ行きが異なります。売れやすい商品を見つけるために、入念なリサーチを行う必要があります。人気の販売サイトも国によって異なるため、東南アジアで出品する際は、ターゲットとする国を絞った上で始めましょう。eBayで出品した商品は、台湾の大手ECサイトRutenへの掲載も可能です。

海外転売をするなら海外向けの販売サイトがおすすめ

海外向けの転売を始めるなら、海外向けの専用の販売サイトを賢く利用しましょう。世界最大級のマーケットプレイスeBayなら、最大で約190カ国に対して商品を販売できます。eBayは、インターネットが認知され始めた初期の頃から、サービスを提供しています。 25年以上の歴史があり、常時14億点もの商品が出品されています。日本のセラーさまに向けた日本語のサポートがあるため、初めての海外転売でも、安心して始められます。

海外転売を始める際に知っておくべきこと

はじめての場合は出品制限がかかる場合がある

初心者の場合、はじめて商品を出品するときには、出品できる数に制限がある場合があります。ちなみにeBayでは200点からの開始となります。継続的に出品することで、売上を増やしていけば、ステップアップして制限が緩和される仕組みになっています。まずは、少ない数の商品出品から始め、出品制限も緩和され段階で、少しずつ商品数を増やしましょう。

出店手数料がかかる

販売サイトを通して商品を転売する際には、出店のための初期費用・販売手数料などがかかります。転売を始める前に、出店手数料の種類や金額を把握しておきましょう。手数料は国内の販売サイトよりも高い傾向があるため、商品の価格は手数料なども考慮して決定することをおすすめします。eBayは初期設定の費用などは一切頂いておりません!

海外転売で大きな利益を得るコツ

ホリデーシーズンを狙って出品する

ホリデーシーズンを狙って出品しましょう。欧米では、ハロウィーン、サイバーマンデー、クリスマスシーズンなどの年末商戦、アジアでは新年など、各ホリデーシーズンには買い物をする人が増えます。各国の文化やカレンダーを知り、ホリデーシーズンを狙って出品することで、初心者でも購買数を増やす機会が増えます。

ユーザーの信用を得る

ユーザーの信用を得るための努力を積み重ねましょう。出店したばかりの時点では、ユーザーから信用を得るのは非常に難しいです。信用を高めるためには、素早い配送、しっかりしたレスポンスなど丁寧な取引を重ねることで、評価を上げる必要があります。評価が上がれば信用も得られ、露出が増えるなどの効果も上がり商品売上も向上させられます。

売れやすいジャンル・商品を出品する

売れやすいジャンル・商品を、常にリサーチし、出品するように努めましょう。人気がある商品・売れやすい商品・配送料が少なめの商品、などを探すことをおすすめします。利益の出やすい商品を選び、高い回転率で転売できるようになるとよいです。自分の得意なジャンルがあれば、それに特化した商品を出品することで、効率的な転売が行えます。

まとめ

海外向けの転売は、現状ではライバルが少なく、消費税がかからないため、国内向けの転売よりも利益を上げられる可能性が高いです。海外の需要をしっかりリサーチし、海外の人が求めている商品を出品することが大切です。 海外向けに転売したい人は、eBayを利用することで、日本のセラーに向けた「eBay販売サポート」(無料)への登録ができます。ツールの利用方法・設定方法だけでなく、トラブルが起きた際の日本語によるサポートを受けられます。法人だけでなく個人でも利用できるので、ぜひご登録ください。 eBay販売サポート申込


好きなものを売ろう eBay販売サポート