eBay

転売の利益率を上げる方法とは?
計算式や理想的な利益率についても紹介

転売を効率的に行うためには、利益率に注目することが重要です。利益率を考慮することの重要性を知れば、今よりも高い意識を持って転売に取り組めるようになるでしょう。この記事では、転売をしている人や転売に興味がある人に向けて、利益率について解説します。同時に、回転率についても解説するので参考にしてみてください。
初めての海外販売なら「eBay販売サポート」(無料)からのスタートがオススメ!

転売で利益率を重視すべき理由

転売では商品を仕入れるためのコストがかかるので、売上がそのまま利益になるわけではありません。売上から仕入れ値や経費を引いたときに利益が残らなければ転売は成立しないため、利益率を重視する必要があるのです。

15%の利益率を30%まで上げることができれば、手元に残る利益は2倍になるでしょう。効率的に転売を行うためには、常に利益率を意識しながら事業を展開することが重要です。

転売の利益率の求め方

利益率は「利益÷売上×100」という計算式から求められます。
例えば、4,000円で仕入れたゲームソフトを1万円で販売できたとします。このとき、販売手数料や送料などの経費が売上の10%、つまり1,000円かかった場合、利益は「1万円-4,000円-1,000円」で5,000円となるでしょう。そのため、利益率は「5,000円÷1万円×100」で50%となります。

転売における理想的な利益率

一般的に、物販ビジネスでは20~30%程度の利益率が理想的とされています。ただし、転売においては扱う商品の性質によって理想的な利益率は変わってくるでしょう。ここからは、転売で新品を扱う場合、中古品を扱う場合のそれぞれの理想的な利益率について解説します。

新品を扱う場合

新品の転売は仕入れ値を安く抑えるのが難しいため、利益率も低めになる傾向があります。15~25%程度の利益率を維持できれば理想的だといえるでしょう。扱うのが新品であれば中古品のように検品する手間がかからないため、低い利益率でも回転率を上げて売上を伸ばすことができます。

なお、ネット経由で仕入れと販売を行う場合、利益率はさらに5%ほど低く見積もる必要があります。これは、ネット経由はどこからでも仕入れができるのでライバルが多く、利益の上がる商品を入手するのが難しいためです。

中古品を扱う場合

転売で中古品を扱う場合、利益率は30~50%程度を目指すべきです。中古品は仕入れ値が安く抑えられる傾向にあり、商品の状態が良ければ高く販売できます。しかし、商品の検品などに手間がかかることを考えると、新品よりも高い利益率を維持する必要があるのです。中古品も新品と同じように、ネット経由の場合は5%ほど利益率を低く見積もると良いでしょう。

利益率が高い転売ジャンル

ここからは、利益率が高い転売ジャンルを5つ紹介します。

おもちゃ

トレーディングカードやキャラクターフィギュアなど、おもちゃには一定数のコレクターがおり、利益率が高いジャンルの1つです。特に、遊戯王カードやポケモンカードなどは海外でも人気が高いので安定して稼げるでしょう。

ゲーム

ゲームは新品でも中古品でも利益が出やすく、回転率も高いおすすめのジャンルです。中でも、ゲームソフトを扱う場合は在庫が場所をとらず、送料も安く抑えられるでしょう。

電化製品

電化製品は仕入れ値が高い代わりに、大きな利益を上げるチャンスがある人気のジャンルです。掃除機やテレビといった定番の商品だけでなく、季節ものの家電も稼ぎやすいでしょう。こたつや扇風機といった電化製品を先回りして安く仕入れ、需要が高まる時期に高く販売するのがポイントです。

オフィス用品

キーボードやマウスなどのパソコン周辺機器も利益率が高い傾向にあります。商品が高く売れるメーカーはある程度決まっているので、仕入れる前にしっかりとリサーチしておくことが重要です。

転売で利益率を上げる方法

ここからは、利益率を上げるために押さえておきたいポイントを5つ紹介します。

経費を抑える

転売を行ううえで、ポイントの1つとなるのが経費です。利益は売上から仕入れ値と経費を引いた金額なので、経費を安く抑えるほど利益も大きくなります。代表的な経費としては、配送料と販売手数料が挙げられます。なるべく配送料が安い業者を選ぶ、サイトごとの販売手数料を比較するなど、経費を抑えるための工夫を凝らしましょう。

まとめて仕入れを行う

複数の商品をまとめて仕入れることで仕入れ値の単価が下がり、その分利益も上がります。実店舗で仕入れを行う場合は、まとめ買いを条件に値下げの交渉をしてみましょう。なお、売れない商品をまとめて仕入れても在庫が増えるだけなので、売れ筋商品をリサーチしておくことが大切です。

複数の仕入れ先を利用する

同じ商品であっても、仕入れ先によって価格がまったく異なる場合があります。そのため、日頃から複数の仕入れ先を利用するようにし、それぞれを比較して最も安いところから商品を買うようにしましょう。特に、リサイクルショップなどの実店舗では貴重な商品が安く販売されていることも多いため、こまめに足を運ぶことをおすすめします。

リサーチを徹底的に行う

転売では適正な販売価格を徹底的に調べたうえで出品することが大切です。相場に関する知識が備わっていないと、本来は高値で売れるはずのプレミア品をガラクタ同然の値段で売ってしまうことにもなりかねません。転売の利益率を維持するためにも、売れやすい商品やその相場についてのリサーチは徹底的に行いましょう。

販売価格を上げる

商品の販売価格を上げて売上を増やせば、当然利益率も高くなります。とはいえ、ただ販売価格を上げるだけでは商品を売るのが難しくなるでしょう。説明文を詳しく書く、質問には丁寧に対応するなど、工夫を凝らして店の評価を上げることで、価格が多少高くても商品を買ってもらえるようになります。

利益率を意識して転売を行う際の注意点

ここでは、利益率を意識しながら転売を行うときの注意点を2つ紹介します。

資金力を考慮して仕入れる

利益率の高い商品は仕入れ値が高い傾向にあります。そのため、自分の資金力を考慮して仕入れを行う必要があるでしょう。例えば、10万円程度の資金しかない状態で数万円の商品を仕入れれば、もしも売れなかったときに行き詰まってしまいます。このように、転売は資金力に見合った範囲で行うことが大切です。

回転率についても考える

効率的に利益を上げるために、利益率と同時に回転率についても考えるようにしましょう。回転率は商品が売れる頻度を表す指標です。どれほど利益率が高い商品でも、売れなければ何の意味もありません。コンスタントに売れる商品なら、利益率が低くても確実に成果を伸ばせます。利益率と回転率のバランスを考えながら、仕入れる商品を決めていくことが重要です。

転売では回転率も大切

回転率とは、一定期間のあいだにどれだけの商品が売れ、在庫が入れ替わったのかを示す指標のことです。例えば、在庫が100個ある状態で1ヵ月の売上数が10個だった場合、月間の回転率は10%となります。

回転率が上がって売上が伸びると、余剰資金で新たな商品を仕入れることができます。また、経営が安定する、仕入れ作業を単純化しやすいといったメリットもあるでしょう。これらの理由から、転売では回転率も大切なポイントだといえるのです。

転売で回転率を上げる方法

転売で回転率を上げたいときは、回転率が高い傾向にあるジャンルを狙ってみましょう。回転率が高いジャンルとしては、ゲームやおもちゃなどが挙げられます。これらのジャンルは特にクリスマスなどの時期に需要が高く、高回転で利益を上げることができます。また、資金に余裕があればカメラなども回転率が高いのでおすすめです。

まとめ

常に利益率を意識しながら転売を行うことで、時間や手間を無駄にせずに利益を上げられるようになります。転売の利益率を上げるためには、まとめて仕入れを行う、なるべく経費を抑える、といった工夫が必要です。また、利益率だけでなく回転率にも配慮して仕入れる商品を見極めましょう。

世界最大規模のマーケットプレイスであるeBayでは、日本独自のサポートプログラムを提供しています。越境ECが可能なeBayの販売サポートを利用して、賢く転売事業を展開してみてはいかがでしょうか。
eBay販売サポート申込


好きなものを売ろう eBay販売サポート