eBay

転売のおすすめ方法は海外輸出!その種類や注意点を合わせて解説

海外輸出転売は他の手法よりもライバルが少ないうえに、日本製品は海外で人気が高いのでおすすめです。この記事では、転売で利益をあげたいと考えている人に向けて、海外への輸出がなぜおすすめなのか具体的に解説しています。他の転売方法の特徴や注意点を踏まえたうえで、海外へ向けた転売で人気の高い商品の例も紹介します。海外への輸出による転売を成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

転売とは

ここでは、転売はどういった仕組みなのか、そして注意点などを解説します。

転売とは

商品を安く仕入れ、利益を乗せて高く売るビジネスモデルです。商品は主に小売店から仕入れ、より高い価格をつけて販売するパターンが多くみられます。転売した価格と仕入れた価格の差額を利益として得る手法です。複数の場所で仕入れができ、扱える商品の種類も幅広いため、さまざまな取り組み方ができます。

転売をする際の注意点

国内では古物商認可証が必要な場合がある

国内で中古品を転売するには、古物商許可証が必要です。ただし、海外から輸入した商品を転売する場合は古物商許可証を取得する必要はありません。自分が所有している物を処分する目的で販売する場合も同様です。なお、新品を転売するなら古物商許可証は不要ですが、過去に一度でも取引されている物は中古品の扱いになるので注意しましょう。

転売すると違法になる商品がある

商品の転売は、基本的に違法ではありません。しかし、商品の種類によっては販売するのに特別な許可が必要であり、無断で転売すると違法になる場合もあります。たとえば、お酒、たばこ、チケット、医療機器は、許可がなければ販売できないので気をつけましょう。また、偽ブランド品や特例措置のあるマスクなどにも注意が必要です。

転売で利益を得るにはどうしたらいいか

ここでは、転売で利益を得るにはどうしたらいいか解説します。

転売に適した販売先(販売サイト)で転売する

転売の方法としては、国内転売と海外転売があります。いずれの方法で転売する場合も、販売力の高い有名な販売サイトを選ぶのがおすすめです。具体的には、転売に関するノウハウや実績があり、知名度の高い販売サイトを選ぶ必要があります。 特にライバルが少ないのは、主にアメリカ・ヨーロッパ・中国を対象とする海外転売ができる販売サイトです。eBay販売サポートを利用すれば、海外とのやり取りもスムーズに行なえます。eBay販売サポート申込は公式サイトから行いましょう。

転売に適した商品を見つける

販売サイトによって、売れやすい商品の種類は異なっています。販売先の特徴を理解したうえで、商品を探しましょう。たとえば、販売サイトの売れ筋ランキングをチェックし、扱う商品の参考にするとスムーズです。

主な転売方法とその特徴

ここでは、転売の主な方法と特徴について解説します。

国内転売

せどり・店舗せどり転売

量販店をはじめとする国内の実店舗で商品を仕入れ、国内のECサイトへ出品して販売する方法です。もともと「せどり」とは古本屋から仕入れた本に利益を乗せて転売することを意味していました。現在では、古本に限らず転売全般を示す場合が多いです。実店舗ではインターネット上で販売されていない特価商品が売られるケースも多いので、想定以上に高い利益が出る可能性もあります。
ただし、仕入れのたびに店舗まで行く手間もかかります。利益の出る商品が必ずみつかるとは限らないため、利益を安定させるのは簡単ではありません。

電脳せどり転売

仕入れから販売までのすべてを国内のECサイトで行う方法です。ECサイトで見つけた商品を購入し、その商品を自分でECサイトへ出品して販売します。始めるハードルが低いので多くの人が取り組んでおり、ライバルがたくさんいます。短期的に少額を稼ぐのに向いており、長期的に利益を出していきたい場合にはあまり適していません。

海外(アメリカ・ヨーロッパ・中国)輸入転売

海外のECサイトから仕入れ、国内のECサイトで販売する方法もあります。商品を仕入れるには英語でやり取りしなければならずハードルが高いため、国内のECサイトで仕入れるよりもライバルは少なめです。他の国内転売と比べると利益も出やすいため、国内転売の中では最もおすすめできます。

海外転売

海外(アメリカ・ヨーロッパ・中国)輸出転売

量販店や国内のECサイトから商品を仕入れ、海外のECサイトで転売する方法です。取引には英語を使用しますが、海外発送向けのサービスを利用すればそれほどハードルは高くなりません。難しそうなイメージがある分、ライバルが少ないです。日本ではなかなか売れない商品でも、海外では高い人気を誇る場合もあります。国内へ向けて転売する場合に比べて、ターゲットをより広げられる点も大きなメリットです。転売でしっかり利益を出したいと考えているなら、海外へ輸出転売するのが最もおすすめです。

転売のおすすめは、海外への輸出転売

日本製品は海外でも人気が高いため、転売にもおすすめです。海外には日本国内でなければ手に入らない商品を欲しがっている人が多くいます。なぜなら、日本製品はクオリティが高いイメージがあり、信用されているからです。日本人に対する信用度も高いので、海外の人は日本人とのやり取りなら安心して商品を購入できると思っています。

英語が苦手でも、サポートシステムのあるECサイトを利用すれば問題ありません。日本国内での転売よりもライバルが少ないため、初心者にも適しています。なお、eBayの市場規模は、日本国内だけでなく海外の他のECサイトと比べても大きいです。利用者は2019年時点で1億8,000万人を超えています。市場規模の大きさの割に日本人のライバルは比較的少ないため、これからの参入もおすすめです。

【参考】海外転売での人気商品の例

最後に、たとえばどのような商品が海外で人気が出やすいか解説します。

ブランド品

国内での転売と同じく、海外向けの転売でもブランド品は根強い人気があります。利益も出やすいので、積極的に得意な商品を見つけましょう。ただし、ブランド品を扱うときは、偽物について注意が必要です。偽物のブランド品を販売した場合、意匠権や商標権を侵害しているとみなされます。罰則が科される恐れもあるので、十分気をつけましょう。

有名なアニメのフィギュア、おもちゃ

アニメやキャラクターは日本独自のものですが、海外でも高い人気を誇っています。有名なアニメやキャラクターものの商品は、海外向けに販売しても利益を出すことが可能です。新作だけでなく旧作でも人気なものが多数あります。特に利益が出やすいものを選んで転売するのがおすすめです。

有名メーカーのゲーム機や家電品、カメラ

日本のゲームも海外では多くの人がプレイしています。有名メーカーのゲーム機を選べば、高い回転率や利益を期待できます。また、日本製品は海外からの信用も高いため、家電品やカメラも転売でよく売れます。海外の動向をつかめば、ライバルが少ない商品をスムーズに仕入れて転売することが可能です。

スニーカー

スニーカーはコレクションしている人も多いため、高い需要があります。特に限定品に対する人気が高く、少しくらい値が張っても手に入れたいと考える人が多いです。スニーカーの市場は拡大しているので、しっかりリサーチすれば初心者でも利益を出せる可能性が高いです。

限定品

商品の種類に限らず、限定品やプレミアム商品は人気があります。仕入れのハードルは多少上がりますが、高値で転売できる可能性があるのでおすすめです。

まとめ

転売を始めるなら、海外向けに商品を輸出するのがおすすめです。国内向けの転売に比べてライバルが少ないので、初心者でも努力次第で着実に利益を出せます。人気の商品を選び、しっかりとリサーチしたうえで出品してください。

海外向けの転売は、無料の日本語の販売サポートがあるeBayで行いましょう。eBayを利用すれば190カ国に販売網を広げられるので、初めての転売でもスムーズに顧客を獲得できる可能性が高いです。ぜひ、ご利用ください。

eBay販売サポート申込


好きなものを売ろう eBay販売サポート