eBay

せどりは違法じゃない!
正しくせどりを行うコツは?違法になるケースとは

チケットなど転売に関する法規制が進んでいますが、せどりに関する合法・違法の線引きはどうなっているのでしょうか。ここでは、せどり初心者の人に向けて、そもそもせどりは違法なのか、違法にならないためにはどのようなことに気をつけるべきかを解説します。安心してせどりに取り組むために、ぜひ読んでみてください。
越境EC(海外販売)を始めるなら「eBay販売サポート」(無料)からのスタートがオススメ

せどりは違法ではない

せどりとは、仕入れ額よりも高額で販売し、利益を得るビジネスであり、違法ではありません。仕入れる商品は、ネットショップや実店舗などの小売業から入手しても、他の人から無償でもらったものを販売しても問題ありません。

ただし、基本的には自由度が高いせどりでも、取り扱う商品ジャンルや、新品か中古品かの区分によっては、違法になる可能性があります。合法に商品を販売するためには、古物商許可などの許可がいる場合もあります。また、盗品や銃火器などのように、法律で禁止されているものを取り扱ってはいけません。商品にかかわる法制度を確認し、条件を守ってせどりに取り組みましょう。

せどりが違法だと思われる理由とは?

せどりが違法であると勘違いされる一因として、一部のマナーの悪い人や違法行為を行う人の存在が挙げられます。しっかりみていきましょう。

品薄商品の買占め

2020年に、マスクやトイレットペーパーが店頭に並ばなくなった時期がありました。記憶に新しいのではないでしょうか。品薄の背景には、転売屋の存在があり、転売に対する世間のイメージは大きく損なわれました。せどりと転売は同じ意味であるため、悪い評判を聞いて、せどり全般が違法と勘違いした人もいるでしょう。

チケットの高額転売

チケットの高額転売は、明らかに違法行為です。2019年にチケット不正転売禁止法が施行され、業者や個人によるチケットの買い占め、および高値での転売は、取り締まりの対象になりました。法規制が敷かれたことで、イベント運営団体の利益が守られ、イベント参加希望者はチケットを入手しやすくなりました。

せどりのためだけに限定商品を購入される

限定商品を購入するせどりも、イメージを悪くしています。さほど商品に興味がないのに、利益目当てに買い占められるのは、ファンの立場からすると腹立たしいでしょう。

有名人が亡くなったときにグッズを買い占める

有名人が愛用していた商品は、プレミアがつく可能性があります。しかし、有名人が亡くなったタイミングでグッズを買い占める行為は、倫理的に問題といえるでしょう。法律に違反していなくても、人間性を疑われる行為です。

せどりが違法とされるケース

ポイントを押さえれば、違法行為に手を染めずにすみます。せどりが違法となるケースを確認しましょう。

無許可で中古品を販売する

中古品の販売が副業であったとしても、営利目的で販売するのであれば古物商許可が必要です。ネットショップや実店舗など、販売した場所には関係なく、無許可で中古品の販売をするのは違法です。ただし、家庭にある不用品を販売する際には、古物商許可は必要ありません。本格的にせどりをはじめる前に、古物商許可を取得しましょう。

チケットを定価以上の価格で転売する

2019年にチケット不正転売禁止法が施行されて、イベント開催側も、転売チケットによる入場を禁止するといった対策を立てています。そのため、転売チケットは違法なうえに商品として成立しにくくなっています。ただし、公式リセールのように、定価以下でチケットを販売する分には違法ではありません。なんらかの事情でイベントに参加できないときは、高値転売ではなく、公式リセールを利用しましょう。

偽物の販売

偽物のブランド品を商品として扱うのは、商標権の侵害行為にあたります。偽物と知らずに売った場合も罪になるため、ブランド品を扱うときは、信頼できる仕入れ先を探しましょう。ブランド品の偽物は精巧に作られているため、ネットに掲載された写真だけで見分けるのは困難です。特にフリマサイトやオークションサイトで個人から購入する場合は、気をつけてください。

コピーコンテンツや海賊版の販売

許可なく複製した海賊版の販売、盗撮した音声や動画データ、自身でコピーして販売するコピーコンテンツは、すべて著作権法に違反しています。また、公正な市場競争を妨害したとして、不正競争防止法違反に該当する場合もあります。

販売権を持っていない商品を販売する

販売前に、許可を得なければならない商品もあります。たとえば、酒やタバコです。酒については販売業免許、タバコは小売販売業許可が必要です。ただし、酒やタバコを販売するために必要な免許や許可は、誰もがもらえるわけではないため、せどりで始めるには、ハードルが高いといえます。

無在庫転売は違法ではないが、販売サイトのガイドラインに注意

無在庫転売は、手元に在庫を保管しない販売方法です。顧客から注文が入ると、販売価格よりも安く仕入れられるサイトから購入し、直接顧客に商品を発送します。顧客に提示する価格は仕入れ価格より高く設定しているため、差額分が利益となります。

無在庫転売自体は違法ではありません。ただし、販売サイトのガイドラインで禁止されている場合があるため、注意しましょう。

たとえば、世界最大級のECサイトであるeBayでは、無在庫転売が発覚すると、出品を削除されるだけではなく、アカウントを停止させられる場合もあります。

古物商許可とは

中古品を買い取って販売するには、古物商許可が必要です。古物商許可が発行される目的は、盗難された古物をスムーズに捜索するためです。古物のなかには高価なものもあり、盗難にあうことも少なくありません。盗まれたものをいち早く見つけるために、警察署は古物商許可を持っている人を優先して捜索します。

古物は13区分に分けられます。たとえば書籍、衣類、時計・宝飾品類などです。許可を申請する前に、せどりでどの区分を扱うか決めておきましょう。

古物商許可が必要ないケースもある

家にある不用品の出品など、個人的な販売には古物商許可は必要ありません。ただし、同じ商品を複数出品するなどして営利目的の出品と疑われた場合には、古物商許可を求められる可能性があります。

無許可でせどりをすればいずれ発覚する

営利目的での中古品販売を、無許可で続けるのはやめましょう。警察はネットショップの利用状況を日々監視しています。せどりを続ける限り、発覚する可能性が高まります。出品回数の多さ、内容からターゲットを抽出し、古物商許可の有無を調査されます。

もし無許可であることが発覚したら

無許可での中古品の仕入れや販売が発覚すると、懲役または罰金、もしくは両方が課せられる場合があります。せどりで得る利益に見合うものではないでしょう。不要なリスクは避けて、必ず古物商許可を取ってから、中古品を取り扱ってください。

古物商許可の取り方

古物商許可を取得する手順や必要書類について詳しく解説します。ひとりでは難しい場合は、信頼できる専門家に相談しましょう。

古物商許可を取得するための手順

古物商許可を取得する手順は、以下のとおりです。
1)古物商許可が取得可能な条件確認
2)書類や証明書の準備
3)警察署に書類提出
4)古物商許可を取得

はじめに、古物商許可の申請が可能であるかどうかを確認しましょう。未成年者や犯罪者など、欠格要件に該当する人は、申請しても通りません。次に、書類や証明書を揃えて警察署の防犯係に提出します。事前にアポイントメントを取ってから訪問すると、スムーズに対応してもらえるでしょう。

古物商許可を得るために必要な書類

必要な書類は、管轄の警察署により少々異なります。問い合わせてから用意するようにしてください。

基本的な書類は以下の通りです。
・古物商許可申請書一式
・略歴書
・住民票の写し
・誓約書
・身分証明書

自信がない人は行政書士に依頼する

行政書士は、官公署に提出する書類にかかわる職業です。行政書士に古物商許可を依頼すると、一連の手続きを進めてくれます。古物商許可の申請方法がわからない、役所に書類を集めに行く時間がとれないといった人は、行政書士に依頼してはいかがでしょうか。

安全にせどりを行うためには

せどりは違法ではありませんが、法律を知りマナーを守ることが求められます。ここでは、安全にせどりを行うためのポイントを紹介します。

古物商許可はとっておいたほうが安心

新品だけを取り扱うなら、古物商許可は必要ありません。しかし、相場よりも安い新品商品を安定して仕入れるのは難しいです。いろいろ模索するうちに、中古品販売に興味がわくかもしれません。中古品を取り扱う可能性があれば、取得しておくのがおすすめです。

法律をよく確かめる

せどりに関する法律は時代とともに変わります。たとえば、チケットやマスクの転売禁止が挙げられるでしょう。いまは問題なく販売できているものでも、突然取り扱いに免許が必要になる可能性もあります。違法行為が発覚するとペナルティを課されます。常に法律を確かめましょう。

収益が出たら確定申告を

収益が出たら確定申告をしましょう。本業の所属企業が年末調整を行っている人は、確定申告の経験がないかもしれません。しかし、一定以上の収益があるにも関わらず確定申告をしないと、脱税になるおそれがあります。手続きが難しい場合には、確定申告作成コーナーや管轄の税務署に相談しながら進めましょう。

マナーを守る

せどりは違法ではありませんが、マナーが悪いせどりは社会的によくありません。買い占めのように、一般の人に迷惑をかける手法は避けて、常識の範囲で取り組みましょう。

まとめ

せどりは違法ではありませんが、一部のマナーの悪い人や違法行為をする人によって、悪いイメージをもたれている場合があります。マナーや法律、販売サイトのルールを守って、せどりに取り組みましょう。特に、中古品を取り扱う際は、古物商許可を取得しておくのがおすすめです。

eBayは、世界190カ国の人が利用する、最大級のマーケットです。日本語対応や売上管理などの販売サポートを受けられて、初期費用が無料です。

eBay販売サポート申込については、こちらをご検討ください。
eBay販売サポート申込


好きなものを売ろう eBay販売サポート