出品形式

eBayでは主に3つの出品(販売)形式があります。販売商品の特性等考慮しながら最適な出品形式を選んでください。

オークション形式(Auction-style listings)
固定料金形式(Fixed price listing)
オークションと固定料金形式の組み合わせ

 

出品形式を選ぶ際、販売価格を同時に考慮しながら選ぶようにしてください。

eBayで確かな利益を上げるためには、商品の価格を適切に設定することが大切です。その出品に対しどのくらいの利益を求めるかというのは重要なテーマですが、eBay上での「相場価格」とのバランスも考えなければなりません。

他セラーが出品している類似商品に対してあなたの商品の価格が高すぎると、バイヤーの比較検討の対象から外れてしまう恐れがあります。

出品形式および販売価格を決める際、以下の出品形式の特徴をつかむとともに、過去の取引履歴を検索するなどして似たような商品がどのくらいの価格で売れているのかを調べてみてください。

販売希望価格とバイヤーに買い求められやすい価格に大きな乖離がないか等を比べ、バランスのとれた価格に設定するのがポイントです。


オークション形式

オークション形式の出品(auction-style listings)では、出品商品対し最も高い価格をつけたバイヤーにその商品を販売する形式のことです。

あらかじめ即決購入額(Buy it Now)を設定し、オークション形式と固定料金形式を併用することもできます。

出品形式:オークション形式

大抵の商品はオークション形式に向いていますが、特に需要の高い商品、希少価値のある商品(プレミアムもの)や一品物の場合は特に有効です。

オークションはバイヤー(入札者)の興味をひきつけることができるので、場合によっては固定料金形式出品よりも販売価格を大きく引き上げることができる可能性があります。

さらに詳しい情報については「Selecting a selling format(出品形式を選択する)」ページ(英語)をご覧ください。

販売価格の設定

オークションという特性上、開始価格を高く設定してしまうとなかなか買い手がつかないということがあります。そこで役に立つのがリザーブプライス(reserve price)です。

リザーブプライスとは簡単に言うと「隠れた最低価格」です。開始価格の他に「最低限確保したい金額」としてリザーブプライスを設定することができます。

これはバイヤーには非公開の設定です(バイヤーは閲覧できません)。

リザーブプライスを設定しておくと、バイヤーによる入札価格がリザーブ価格に満たなかった場合には、その商品をバイヤーに売る義務が生じません。

利益を守りつつオークションの開始価格を下げることができるので、販売戦略のひとつとして効果的な手段です。

リザーブプライスの詳しい情報については「Selling with a reserve price(リザーブプライスを設定)」ページ(英語)をご覧ください。

オークション期間

1、3、5、7、10日間から期間を設定できます。詳しくは出品期間ページをご覧ください。

手数料

「出品手数料(Insertion fee)」「落札手数料(Final value fee)」「オプション機能を利用した場合のサービス料金」が発生します。

詳しくは出品手数料についてページをご覧ください。

 

固定料金形式

固定料金形式(fixed price listings)とは、販売価格を決めて商品を出品する形式のことです。

オークション形式の入札は行われず、即決購入(Buy it Now)での取引となります。出品の最低価格はeBayが定めていますが、eBayサイトにより価格は異なります。

この形式では、一部の商品カテゴリーを除き、ベストオファー(Best Offer)オプションを利用することもできます。

これはバイヤーからの「値下げ交渉」に応じるオプションのことです。もしベストオファー(Best Offer)経由でバイヤーから提示された金額が納得のいくものであれば、その価格で販売することができます。

DVDやCDなど、購入価格が一般的に知られている商品に対して効果的です。

固定料金形式の詳しい情報については「Selling using a fixed price(固定料金での出品)」ページ(英語)をご覧ください。
ベストオファー(Best Offer)の詳しい情報については「Selling with Best Offer(ベストオファーをつけて販売する)」ページ(英語)をご覧ください。

 

オークションと固定料金形式の組み合わせ

オークション形式を選択した場合でも、出品期間中に「今すぐ購入(Buy It Now)」ボタンを設置し、希望入札金額での購入希望者がいたら即オークションを終了し販売する流れを選択することができます。

需要の高い、見つけにくい商品やユニークな商品を出品するのに最適な出品方法です。

商品購入決定まで待てないバイヤーや、入札単価が跳ね上がることを避けたい場合、直ちに商品購入することができます。

 

出品に慣れてきたら

オークション形式では、設定金額を低めに設定し、商品への興味関心を高めてください。

そして在庫が1品以上ある場合のテクニックとして、オークションと固定料金形式の組み合わせを選択し、一方の出品を固定料金形式(Fixed price listing)に設定。

これにより商品価格を比較検討中のバイヤーに対し、価格交渉を促すベストオファー(Best Offer)へと誘導することができます。

 

マルチリスティング(複数出品)およびバリエーション出品について

同じ商品を固定価格形式で複数個販売したい場合、その出品はマルチリスティング(multi-quantity listings)の対象となります。

例えば、まったく同じ商品を固定価格方式で10個出品する場合、10個の商品に対して1個ごとに別々の出品(リスティング)が作成することはしません。

出品(リスティング)はひとつだけ作成され、その1出品の中で10個の商品を販売することになります。これは固定価格形式での出品にのみ適応される制度で、オークション形式での出品は対象となりません。

また、洋服やペット用品など一部のカテゴリーでは、色やサイズなどバリエーションのある同一商品をひとつの出品(リスティング)にまとめることもできます。

さらに固定価格形式出品では、それぞれのバリエーションに対し異なる価格を設定することができます。

上記のようなマルチリスティング(複数出品)やバリエーション出品をする場合には、それぞれの商品に対しひとつあたり0.99$以上の販売価格を設定することが条件となります。

さらに詳しい情報については
Selling multiple items(マルチリスティングについて)」ページ(英語)
Creating a listing with variations(バリエーション出品について)」ページ(英語)
をご覧ください。

本「出品形式」ページは「Selecting a selling format」ページを翻訳したものです(2014年10月6日時点)。最新情報等確認する場合には、こちらを適宜ご確認ください。

 

法人向け日本語サポート[無料]

サポート開始から半年で売上4倍の出店者も!

申し込み

越境ECに役立つ資料ダウンロード [無料]

ダウンロード