eBayの特徴

越境ECにおいて、eBayが他のサービスと異なる理由

eBayはセラー(出品者)とバイヤー(購入者)が越境ECを通じ、ワールドワイドに取引を行うマーケットプレイスです。バイヤーは日本国内ではなく世界各国在住の方だということを理解しコミュニケーションを図ることが重要です。 

1,ひとつひとつの取引が重要

既存のビジネスのノウハウを活用することも大切ですが、初めての海外販売ではグローバル(越境EC)特有のルールやマナー等、運用しながら身につけるほかありません。

eBayではセラー(販売者)か提供するサービス(顧客満足度)が売上に大きく関係するので、ひとつひとつの取引の対応を充実させ、拡大する戦略が求められます。

2,段階的な運用見直しを

eBayには数多くの出品支援ツールを用意しています。これらを利用すれば開発コストを抑えながら運用できます。

しかしながら初心者や初期段階では、どのサービスが自社のオペレーションに必要なのかを理解しなければなりません。

効率化やコスト削減も必要ですが、まずは基本の出品方法を理解し、どのような点を改善すればより効率的な出品作業が行えるかイメージしてみてください。

3,トラブル対応

越境EC(海外販売・輸出)において様々な国と地域のバイヤー(購入者)とコミュニケーションをとる必要があります。

その中でトラブルやクレームが発生することもあります。その場合、トラブルが起こらぬような対策も必要ですが、実際に起きてしまったトラブルへのスムーズな解決法も身につけなければなりません。

よく受けるクレームであれば、その原因を探ることで事前に対処できることがほとんどです。

一貫性のないトラブルやクレームの場合、状況によっては大きな問題に発展する可能性もあります。

こちらも事前に考えうるリスクを洗い出しリスクマネージメントを検討してください。起きてしまったトラブル対処法については「レゾリューション・センター(Resolution Center)」をご覧ください。

 

eBayにおけるビジネス戦略は段階的に

eBayの特徴を理解し、段階的に目標設定・ビジネス拡大をおこなってください。

★出品スタート時/初心者(最初の1か月)
まずは100品販売を目標に出品をしてみてください。100品販売することで出品・販売完了・配送作業まで一通りの作業の流れをマスターすることができます。

★セラー評価(DSRs:Detailed Seller Ratings)を受ける
良い評価を10以上受けるとDSR(Detailed Seller Ratings)が表示されるようになります。

★運用改善と出品の拡大(3か月~6か月)
セラー評価(DSRs:Detailed Seller Ratings)やセラー・ダッシュボード (Seller Dashboard)等からの情報を元にどこを改善すべきか分析してください。

そこから出品説明や商品画像アップロード数等改善ポイントがみえてくれば適宜改善してください。この時期から本格的なネットビジネスとしてスタートできる時期になります。

★運用効率化・eBay特徴を踏まえての改善実施(6か月~12か月)
海外販売・輸出が軌道に乗り始めた段階で、アドバンス向け出品ツールの利用をご検討ください。

より効率的な運用を行うことができます。またベスト・マッチ:7つのプラクティスを今一度確認し、さらなるバイヤー(購入者)獲得を狙ってください。

★トップ・レイテッド・セラーへの参加(6か月~18か月)
eBayからトップ・レイテッド・セラー(TRS:Top Rated Seller)として認定されれば、よりスムーズな取引および売上拡大を狙うことができます。

市場リサーチ、運用改善等定期的に実施しながら、さらなるバイヤー(購入者)獲得を目指してください。

 

法人向け日本語サポート[無料]

サポート開始から半年で売上4倍の出店者も!

申し込み

越境ECに役立つ資料ダウンロード [無料]

ダウンロード