ホーム > 安全への取り組み > eBayバイヤープロテクション >

レゾリューション・センター(Resolution Center)の流れ

安全への取り組み トラブルを防ぐための取り組みを紹介

安全への取り組み

レゾリューション・センター(Resolution Center)の流れ

トラブルが発生した場合

バイヤー(購入者)とのトラブル(問題)の原因として、コミュニケーション不足や商品説明に関する誤解が大半をしめます。まずはバイヤー(購入者)とセラー(出品者)間で連絡を取り合い、問題解決にとりくんでください。

それでも当事者間での解決が困難な場合、レゾリューション・センター(Resolution Center)を活用することができます。レゾリューション・センター(Resolution Center) では、My eBay内のメッセージ機能と同様にコミュニケーションが取れるほか、トラブルに関する最終的な判断をeBayにゆだねるエスカレーション(Escalation)という機能も備えています。

 詳しい情報についてはレゾリューション・センター(Resolution Center)をご覧ください。

レゾリューション・センター(Resolution Center)の流れ

ケースをオープンする(オープンケースとは)

レゾリューション・センター(Resolution Center)にアクセスし問題がおきたことを取引相手に伝えることをeBayでは「ケースを申請する」もしくは「ケースをオープンする」といいます。ケースは大きく2パターンあります。

        • バイヤー(購入者)がオープンするケース(バイヤーのオープンケース)
            例:商品が届かない。 ※商品未着クレーム(INR:Item Not Received)
            例:商品が説明と異なる ※SNAD :Significantly Not As Described
        • セラー(出品者)がオープンするケース
            例:支払できない(Unpaid Item) ※未払い商品ケース(Unpaid Item case) 
              例:取引のキャンセル ※Cancel Transaction
              ※誤った金額であっても一度支払いが発生した場合、セラー(出品者)がケースをオープンすることはできませんのでご注意ください。
バイヤー(購入者)がケースをオープンしたら

eBayにログオンし、オープンされたケースにすみやかに回答してください。eBayでは、バイヤー(購入者)からのクレームに対し、何日以内に対応するようにとの目安期間を設けています。詳しい対応期間については各eBayウェブサイトごとに違います。対応期限があるとはいえ、バイヤー(購入者)はすぐにでも返答があることを期待していますので、可能な限り早急な対応で問題解決にとりくんでください。

アカウント停止の可能性も

バイヤー(購入者)からオープンされたケースに回答せず放置、または適切な対応をとらなかった場合、セラー(出品者)としてマイナス評価となります。この状態が取引全体に対して一定以上の割合に達すると、セラー・パフォーマンス評価(seller performance standards)が下がり、出品数の制限、バイヤー(購入者)から支払われた商品代金の一時的な凍結、最悪の場合アカウント停止の措置が取られる場合があります。必ずケースには対応するようにしてください。

さらに詳しい情報については各eBayウェブサイト内の「Help」をご覧ください。
アメリカ:「eBay Buyer Protection」ページ(英語)
イギリス:「eBay Money Back Guarantee」ページ(英語)

 

 > ページトップに戻る


【関連ページ】

  

サイトマップ資料請求eBay ロゴの利用

ページトップ